コツコツ薄毛予防

いつのころからか、悩みがあると必ず見る夢があります。

ストレスのバロメーターにしているくらいです。

それは美容室で間違って髪がすごく短くカットされてしまう夢と、髪が抜ける夢で、どちらも「髪がない!ない!」と落ち込んで、どうしようと悩んでます。

夢の中で。

家族の中でただ一人髪が細く柔らかいので、何となく平均よりボリュームがないのかもしれないと、10代のころからずっと感じでいたためかもしれません。

最近では、薄くなったらどうしようと、突然に不安に思うことすらあります。

女性の薄毛は、周囲の視線よりも何よりも、本人が非常に落ち込みます。

鏡を見るたびに悲しくなりますよね。

ですから、毛根に負担がかかることは可能な限りやらないようにしています。

・朝のブラッシングは、ゆっくりとしたストロークで。

髪が絡んでいるところに引っかかって、ガッと力かからないようにするためです。

健康な毛母細胞をブラッシングごときで傷つけるなんて、あり得ません。

・薄毛が特に気になる頭頂部にホットカーラーは使いません。

重いからです。

後頭部と側頭部には使用してます。

マジックカーラー(巻き付ける部分がマジックテープになっているカーラー)で巻いて、ドライヤーの熱を当てています。

マジックカーラーは、ホットカーラーよりもはるかに軽いです。

・髪を引っ張るポニーテール、アップスタイルは可能な限り避けてます。

バレッタのようなヘアアクセサリーの使用も最小限、デザインもミニマルで軽いものを選んでます。

・寝る前に頭皮マッサージと、ツボ押し(百会、天柱、風池)をしています。

・パーマは2度とかけないことに決めました(4年前)。

脱毛量が増えたと感じたら、どの専門クリニックで相談するかまで決めています。

こちらです⇒[レディース頭髪治療

女性の場合、毛母細胞が長い休止期に入って、そのままずっと休止期になるケースが多いらしいので、治療を始めるなら早い方がいいはずですから。